TOP > BOOMERANG(ブーメラン) > foot the coacher(フットザコーチャー)

foot the coacher(フットザコーチャー)

foot the coacher(フットザコーチャー)


foot the coacher(フットザコーチャー)は、竹ヶ原敏之介が設立したシューズブランド。国内をはじめ、イギリス、フランス、イタリアから取り寄せた選りすぐりの上質素材を使用して、伝統的なグッドイヤーウェルト製法をメインに、マッケイ製法、セメント製法など、デザインとマテリアルに最も適した製法で制作しているシューズブランド。1900年代前半に履かれていたワークシューズやデイリーシューズなどを現代風にアレンジしたデザインになっており、 製法や品質は妥協をしないクリエイションを展開。タウンユースデザインが基本となる最上級のカジュアルシューズブランドで、1900年代前半に履かれていたワークシューズやデイリーシューズなどがアイディアソースとなり、それらを現代風にアレンジしたデザインのものが大半となっている。また、カジュアルシューズであっても1〜2年で履きつぶされるようなものではなく、『AUTHENTIC SHOE & Co.』(ドレスシューズラインのブランド)同様、製法や品質には妥協せず、末永く履けるカジュアルシューズを提案している。また、シーズンごとにテーマを掲げ新作を発表する、ファッションシーンと同様のスタイルを特徴とし、毎シーズン、スタイリッシュでありながら堅牢なシューズを提案し続けている。